介護保険について

こちらでは介護保険のサービスをご利用される際の手順を説明しています。
尚、介護保険のサービスのご利用ができる方は

① 第1号被保険者 (65歳以上の人で日常生活を送るために介護や支援が必要な人)

② 第2号被保険者 (40歳以上65歳未満の人で、※加齢に伴う病気が原因で、日常生活を送る為に介護や支援が必要な人)

となっております。

※「加齢に伴う病気とは?」…特定疾病と呼ばれています。
・がん(がん末期) ・筋委縮性側索硬化症 ・後縦靱帯骨化症 ・骨折を伴う骨粗鬆症
・タ系統委縮症 ・初老期における認知症 ・脊髄小脳変性症 ・脊柱管狭窄症 ・早老症
・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 ・脳血管疾患
・進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
・閉塞性動脈硬化症 ・関節リウマチ ・慢性閉塞性肺疾患
・両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護サービスをご利用されるには、介護が必要な状態であると「認定」を受ける必要があります。
「認定」を受けるには、まず、「申請」を行います。以下、申請から介護保険サービス利用にいたるまでの手順となります。

<認定を受ける手順>

「申請」は市の介護保険課において受け付けています。本人が申請に行くことができない場合は、家族や成年後見人、地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設で申請を代行してもらうこともできます。

また、「申請」される際は主治医の先生に相談してみる必要があります。
主治医の先生に心身に伴う状況についての意見書を作成して頂く必要があるからです。この意見書というものは「認定」を受ける際に必要となる書類です。
尚、この意見書は市から直接、主治医の先生に意見書作成依頼を行いますので、主治医の先生に対して本人、家族等が書類等を渡す必要はありません。
まずは、主治医の先生に介護保険のサービスを利用するために「認定の申請」をしたいと思いますと相談していただきましたら結構かと思います。

①申請 →

矢印

申請をされましたら、市等の認定調査員が自宅に訪問し、心身に関する聞き取り調査を行います。 これは「認定調査」と呼ばれています。調査日時については調査員等から連絡が入り、調査の日時を本人、家族等と相談し決定します。

①申請 → ②認定調査 →

矢印

認定調査員が自宅に訪問し認定調査を受けられましたら、本人、家族は認定に関します「結果通知」を待つ状態となります。
待っている間に調査の結果、また、主治医意見書を元に「介護認定審査会」において介護の必要性や程度について審査・判定が行われます。

①申請 → ②認定調査 → ③審査・判定 →

矢印

介護認定審査会において審査が行われ、認定に関します結果が出ます。結果については自宅に「結果通知」というものが市より郵送されます。

①申請 → ②認定調査 → ③審査・判定 → ④認定・通知 →

矢印

結果に関しては「非該当」「要支援1・要支援2」「要介護1~5」いずれかの認定結果の区分が記載されています。
記載されている区分において、介護サービスの利用の組み合わせや利用回数等が異なってきます。 また、介護保険サービスを利用するにおいて、介護(介護予防)サービス計画というものが必要となってきます。 これは、介護保険のサービスを利用する際、サービス計画にもとづいてサービスを利用することとなっているからです。
「非該当」「要支援1・要支援2」と認定が出た方は、地域包括支援センターで介護予防サービス計画を作成してくれます。
「要介護1~5」のいずれかに認定が出た方は居宅介護支援事業者にサービス計画の作成について依頼を行うと、 介護サービス計画を作成してくれます。

①申請 → ②認定調査 → ③審査・判定 → ④認定・通知 → ⑤介護(介護予防)サービス計画作成 →

矢印

地域包括支援センターや居宅介護支援事業者が本人、家族の相談を聞きながら、 サービスの利用に関する計画を作成し、そのサービス計画にもとづいて自宅等で介護保険サービスを利用することができるようになります。

①申請 → ②認定調査 → ③審査・判定 → ④認定・通知 → 
⑤介護(介護予防)サービス計画作成 → ⑥介護(介護予防)サービス利用開始!

※このように、介護保険サービスを利用したい場合は上記手順が必要となってきます。
申請から介護保険サービス利用について分からない事等がありましたら、居宅介護支援事業者(ケアプランセンター)にご相談をしていただくと、より分かりやすい説明を受けることができます。相談料は無料となっています。介護についてお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか?

介護保険サービスには様々な種類のサービスがあります。

※自宅で受けるサービスや施設に入所して受けるサービス等様々なサービスがあります。

在宅サービス(自宅に居ながら受けることができるサービス)

≪ 自宅から通って利用するサービス ≫
★通所介護(デイサービス)
食事や入浴などの援助を受けつつ、施設で朝から夕方まで過ごします。
★通所リハビリテーション(デイケア)
基本的には通所介護と同様の援助を受けることができますが、生活行為向上の為のリハビリテーションを受けることができ施設にて朝から夕方まで過ごします。
≪ 自宅に来てもらい利用するサービス ≫
★訪問介護(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴やオムツ交換、食事介助などの身体的な身体介護や掃除・洗濯、調理などの生活援助を行います。
★訪問入浴介護
介護士と看護師が自宅に訪問し、浴槽等を提供して入浴介助を行います。
★訪問リハビリテーション
日常生活で行われる動作の向上のため、理学療法士等が自宅に訪問してリハビリを行います。
★訪問看護
病気をお持ちの方を看護師等が自宅に訪問して、療養上の世話や診療の補助を行います。
★居宅療養管理指導
医師・歯科医師・薬剤師等が自宅に訪問して、療養上の指導・助言を行います。
≪ 短期の間、入所する ≫
★短期入所生活介護
★短期入所療養介護
特別養護老人ホームや医療施設に短期間入所して、日常生活の世話を受けたりリハビリを受けたりします。
≪ 福祉用具を使う ≫
★福祉用具貸与
福祉用具を貸与して自宅での生活を支援します。
・車イス  ・車イス付属品  ・特殊寝台  ・特殊寝台付属品
・床ずれ防止用具  ・体位変換器  ・手すり(取り付けに対して工事を伴わないもの)
・スロープ  ・歩行器  ・歩行補助つえ  ・認知症老人徘徊感知器  ・移動用リフト
★福祉用具購入
福祉用具を購入して自宅での生活を支援します。
・腰かけ便座  ・特殊尿器  ・入浴補助用具  ・簡易浴槽
・移動用リフトのつり具の部分
≪ 住宅を改修する ≫
★住宅改修費支給
住宅を改修して、自宅での生活を住みやすいものになるように支援します。
① 手すりの取り付け  ②床段差の解消  ③引き戸への扉の取り換え ④床材の変更     ⑤便器の取り換え   ・①~⑤の改修に伴う工事

ご注意:
以上サービスについては要介護認定の結果に伴い、要介護の方、要支援の方ではご利用される内容に違いがある為、サービスの利用に制限等ある場合がございます。

施設に入って受けるサービス

≪ 施設に入所する ≫
★介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常時介護が必要で自宅での生活が困難な方が入所されます。
★介護老人保健施設(老人保健施設)
施設に入所して、リハビリを受け在宅の復帰を目指します。
★介護療養型医療施設(療養病床)
長期に渡り、治療が必要な方が入所されます。
★特定施設入居者生活介護
有料老人ホーム等に入居されている方が介護や日常生活における支援を受けることができます。

ご注意:
以上サービスについては要介護認定の結果に伴い、要介護の方、要支援の方ではご利用される内容に違いがある為、サービスの利用に制限等ある場合がございます。

地域密着型サービス

住み慣れた地域での生活を継続できるように支援・援助するサービス
★夜間対応型訪問介護
夜間において、定期的な巡回または通報により、利用者の居宅を訪問し排泄の介助等のサービスを受ける事ができます。
★認知症対応型通所介護
認知症の方が、老人デイサービス事業を行う施設やデイサービスに通って、入浴や排せつ等の介護受けることができます。
★小規模多機能型居宅介護
「通い」を中心に「訪問」「泊まり」のサービスを組み合わせて地域での生活が継続できるように支援・援助します。
★認知症対応型共同生活介護
認知症の方が施設に入居し、職員の介護を受けつつ共同で生活を送ります。
★地域密着型特定施設入居者生活介護
有料老人ホームなどの特定施設のうち、入居定員29人以下の介護専用特定施設にて入居し、入浴、排泄等の介護を受けつつ生活を送ります。
★地域密着型介護老人福祉施設
定員が29名以下の介護老人福祉施設に入所して、入浴や排せつ等の介護を受けつつ生活を送ります。
★定期巡回・随時対応型訪問介護看護
日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が一体的にまたは密接に連携しながら、利用宅を訪問。
定期的な巡回と随時の対応を行います。
★複合型サービス
小規模多機能型居宅介護の「訪問介護」「通い」「泊まり」等のサービスに「訪問看護」を組み合わせて、1つの事業所が一体的に提供します。
医療的なケアを必要とする人が、住み慣れた家や地域で安心して生活することが可能になります。

ご注意:
以上サービスについては要介護認定の結果に伴い、要介護の方、要支援の方ではご利用される内容に違いがある為、サービスの利用に制限等ある場合がございます。

内科・皮膚科・在宅医療
中谷クリニック

八尾市地域包括支援センター中谷

ご自宅での介護をご希望の方

介護のご相談、ケアプランの作成

デイケア(通所リハビリ)

デイサービス(通所介護)

通い・宿泊サービス・訪問介護・訪問看護

訪問介護(ホームヘルパーによる援助)

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

夜間対応型 訪問介護

訪問看護、訪問リハビリ

介護タクシー

施設への入居をご希望の方

介護付き有料老人ホーム

サービス付高齢者向け住宅

グループホーム
(認知症対応型共同生活介護)

法人機関誌 日向ぼっこ通信
法人内 職員研修
各施設のイベント写真
個人情報保護方針


上 へ